【広島】フランスアが退団…マクブルームら助っ人3人は残留

スポーツ報知
退団する広島・フランスア

 広島は16日、ヘロニモ・フランスア投手と来季契約を結ばないと発表した。今季は来日5年目で最少の登板3試合で防御率8・10に終わっていた。

 19年の67登板を最多に、18~20年の3年間は167登板とフル回転。昨年3月には右膝内側半月板部分切除の手術を受けるなど、ここ2年はケガに悩まされていた。6年契約を満了することなく、退団。NPB通算178試合で14勝15敗45ホールド32セーブ、防御率2・60だった

 また球団はドリュー・アンダーソン投手、ニック・ターリー投手、ライアン・マクブルーム内野手と来季契約を結んだことも発表。今季チーム最多17本塁打を放ったマクブルームは年俸136万2500ドル(約1億9000万円)と再契約金50万ドル(約7000万円)プラス出来高。「世界中で最高のファンの方々の前でプレー出来ることをとても楽しみにしています」と残留を喜んだ。

 先発13試合で3勝4敗、防御率3・60だったアンダーソンは年俸55万ドル(約7700万)と再契約金50万ドル(約7000万円)プラス出来高で合意。リリーフで45試合2勝4敗14ホールド、防御率3・11だったターリーは年俸80万ドル(約1億1000万円)と再契約金20万ドル(約2800万円)プラス出来高で契約を更新した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×