【ロッテ】種市篤暉が400万円ダウンの1800万円でサイン 1月はアリゾナで武者修行へ

スポーツ報知
契約更改を終えたロッテ・種市篤暉投手

 ロッテの種市篤暉投手が15日、千葉市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円ダウンの1800万円(推定)でサインした。

 右肘のトミー・ジョン手術から復帰し、今季は8月に1軍で1試合に先発したが3回5安打3失点で降板。その後はファームで調整を重ね、今秋のフェニックス・リーグでは152キロを計測するなど徐々に本来の投球を取り戻してきた。「個人的にはいいシーズンだった。1軍では(1試合しか)投げれなかったけどリハビリに関してはフェニックス含め、いい感触で終われてよかったなと思います」と振り返った。

 来年1月には米アリゾナ州のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」で約2週間トレーニングを行う予定で、「全部というか、フィジカルもそうですし、技術的な部分をもっと増やしていけるように。メジャーリーガーの方とかマイナーリーグの方とかも多分いると思うので、貪欲さとかそういうのを見て刺激を感じ取れたらいいなと思います」と右腕。

 来季へ向けては「数字というか1年間トータルで1軍にいて、チームの戦力になれるように頑張りたい」とアリゾナで武者修行に励む。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×