高橋真麻、41歳で第2子男児を出産「愛おしく守るべき存在がまた一人増えた」親子ショットも公開

高橋真麻
高橋真麻

 フリーアナウンサーの高橋真麻(41)が14日、自身のブログを更新し、第2子となる男児を出産したことを報告した。

 「出産しました」のタイトルで記事をアップし、「皆さま 今朝のスッキリでご報告させて頂きましたが 先週、無事に男児を出産致しました」と発表。「あんなに辛かった妊婦生活は息子の顔を見た瞬間に全て忘れ 長い…長い…と感じていた妊婦期間もあっという間だったなぁと感じております(笑)子供の誕生とは本当に不思議な力があるものです。愛おしく守るべき存在がまた一人増えたので益々 頑張ろうと意気込んでおります」と心境をつづった。

 「とはいえ退院して 家事やら片付けやら新生活の準備に追われながらの授乳と育児 調子に乗って家の中を動きまくっていたらどっと疲れが」とも。「おっぱいはパンパンに張って痛いし授乳をすると子宮もうずきます。産後の腰痛や骨盤の緩みもなかなか。巻き肩やむくみも気になります。前回、動き過ぎて悪寒戦慄を経験しているので無理しないようにしなくては」と体調の不安も記述。

 「ちなみに 苦しめられ続けていた謎の下痢は 治りました!これもまた身体(妊娠)のフシギであります…」とし、「取り急ぎご報告まで これから復帰するまではこのblogのみが皆様と繋がれる場所なのでまた見にいらして下さいね」と赤ちゃんを抱いた親子ショットをアップしていた。

 高橋は2018年に一般男性と結婚し、20年5月に第1子女児を出産。8月11日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・午前8時)や自身のブログで第2子妊娠を明かした。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×