関学大、無傷の開幕6連勝で最終節を残して関西学生アメフト4連覇

スポーツ報知
第3Q、勝ち越しのTDを決め、山本桜汰(左)に祝福される関学大・中野遼司(カメラ・谷口 健二)

◆アメリカンフットボール 関西学生リーグ 関学大17―10関大(13日、万博記念競技場)

 昨季王者の関学大が、同3位・関大との全勝対決を17―10で制し、59度目のリーグ制覇を決めた。無傷の開幕6連勝で、最終節を残してのリーグ4連覇(コロナ禍によりトーナメント制の変則開催だった20年をまたぐ)を達成。27日の立命大戦(万博記念)に勝てば単独優勝となり、決勝が甲子園ボウル(12月18日、甲子園)の全日本大学選手権準決勝(12月4日、博多の森)へ7年連続の出場が決まる。1敗で2位に並ぶ関大、立命大も同率でのリーグVと選手権準決勝出場の可能性が残った。

 王者・関学大が勝負強く、接戦をモノにした。第1クオーター(Q)はフィールドゴール、第2Qはタッチダウン(TD)の取り合い。ともに先手を奪いながら食らいつかれて、前半を10―10。嫌な流れを2年生DB中野遼司=関西学院=が、ビッグプレーで変えた。

 第3Q7分32秒。パスインターセプトから38ヤードを駆け、決勝のリターンTDを決めた。同中学部入学時は水泳部入部を考えていたが「関学と言ったらアメフトやろ」と伯父の言葉が転機。「層の厚いファイターズで試合に出られるとも思ってなかったのに、こんなプレーをできるとは。アメフトを選んで良かった」と殊勲者は笑顔で胸を張った。

 大村和輝監督(51)は「ターンオーバーが大きかった」と背番号31を称賛しつつ、次戦へ目を向けた。「(同率優勝なら全日本大学選手権切符は)抽選でしょ。勝って終わらないとスッキリしない」と全勝単独Vを誓った。(宮崎 尚行)

 ◆リーグV&全日本大学選手権切符の行方 27日の最終節で関学大が立命大に勝てば全勝で単独V。今年は関西学生リーグから1校のみ出場の同選手権切符を無条件でつかむ。関学大が負けた場合、26日に近大と最終節を戦う関大の結果次第で可能性が2つ。

〈1〉関大勝利…関学大、立命大、関大の3校が1敗で並び同率優勝。直接対決の結果が「三すくみ」で同選手権切符は抽選に委ねられる。

〈2〉関大敗北…関学大と立命大が1敗で並び、同率優勝。ただし、直接対決を制している立命大が同選手権切符を手にする。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×