襲名披露13代目市川團十郎、声と歌舞伎十八番磨き、並ぶ者のない荒事役者になってくれ…歌舞伎担当が見た

スポーツ報知
蛇の目傘を手に色男ぶりを漂わせる「助六」の團十郎(c)松竹

 現在、東京・歌舞伎座では市川海老蔵改め13代目市川團十郎白猿(44)の襲名披露と長男・8代目市川新之助(9)の初舞台となる公演「十一月吉例顔見世大歌舞伎」(28日・千秋楽)の真っ最中だ。今月の「GREAT!歌舞伎」では、さっそく全演目をチェックした世代の異なる3人の「見た」で構成。普段の取材経験を通しての目線、感じ方、成田屋への思いは実に三者三様。襲名披露は演目、出演者を代えて12月も同劇場で行われる。

 「待ってました!」

 2年半も延びた13代目團十郎がいよいよ誕生した。9年ぶりに“團菊”がそろった。大向こうの掛け声も飛んで歌舞伎界が再び動き出した気分。まずはめでたい。

 團十郎の襲名披露狂言は昼が「勧進帳」の弁慶、夜は「口上」と「助六由縁江戸桜」で助六。新之助が「外郎売」の曽我五郎。市川家の芸、歌舞伎十八番の内が並んだ。それがうれしい。

 「勧進帳」は松本幸四郎の富樫、猿之助の義経、そして團十郎。将来の歌舞伎を担うトリオである。市川宗家の立派な弁慶を期待するのは当然。父の12代目は気迫、品格にあふれていた。

 花道に出た姿に熱い拍手を浴びた。だが頬をやや膨らませ、いつものように口をモグモグとさせて落ち着かないように見える。勧進帳の読み上げ、山伏問答はひと通りで、富樫と押し合う詰め寄りが迫力不足。それでも飛び六方で揚げ幕に向かう豪快さが一番の見せ場だった。

 「助六」の團十郎はやっぱり、いい男じゃないか。令和初の「助六」。江戸市民を代表する二枚目。むきみの隈取り、江戸紫の鉢巻き、黒の着流し。下駄(げた)の音も高く花道に登場して踊る出端(では)では、蛇の目傘をくるくると回して決まる立ち姿、傘を高く上げてギョロリと大きな流し目を見せた。傾城(けいせい)でも男でもうっとりとなる陶酔感がある。ただ、この出端の助六の色男ぶりは当代、先代には艶、華があった。

 「ごめんなせえ」と、傾城らに割り込む色気と粋はいい。兄・白酒売の新兵衛こと十郎は中村梅玉。通人(中村鴈治郎)に股くぐりをさせる場面は笑いを誘った。でも、思い出したのは十郎が菊五郎、通人が故18代目勘三郎という平成22年4月。無類の楽しさだった。

 さて、人気の新之助。「外郎売」の五郎は早口の言い立てが何とも滑らか。3年前の時と比べてせりふにメリハリがつき、意味を理解したような印象だ。「助六」の福山かつぎは歯切れがいい江戸弁。楽しんでいるのが分かる。大したもんだ。

 「口上」で松本白鸚が大きな心を持って舞台上で先輩の胸を借り、同輩と競い、後輩を引っ張る團十郎にと期待していたが課題は2つ。天性の良い声と歌舞伎十八番を磨き上げる。足元をしっかりと固める。並ぶ者のない荒事役者になってほしいのである。(演劇ジャーナリスト・大島 幸久=74歳)

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×