13代目市川團十郎、圧倒的空間支配力は文句なし 恵まれた容姿で全てを超越…歌舞伎担当が見た

スポーツ報知
「助六」で(左から)團十郎、尾上菊之助、尾上松緑と“平成の三之助”がそろった(c)松竹

 現在、東京・歌舞伎座では市川海老蔵改め13代目市川團十郎白猿(44)の襲名披露と長男・8代目市川新之助(9)の初舞台となる公演「十一月吉例顔見世大歌舞伎」(28日・千秋楽)の真っ最中だ。今月の「GREAT!歌舞伎」では、さっそく全演目をチェックした世代の異なる3人の「見た」で構成。普段の取材経験を通しての目線、感じ方、成田屋への思いは実に三者三様。襲名披露は演目、出演者を代えて12月も同劇場で行われる。

 毎日何回もSNS更新に使うエネルギーは大変でないのか。もし仮に、歌舞伎だけに専念するとしたら。舞台でしか團十郎は見られないとしたらどうだろう。9日昼夜を観劇したが、そんな想像が頭をよぎった。弁慶も助六も花道から姿を見せる。その瞬間の圧倒的な空間支配力。これに文句をつけられる人は皆無だろう。恵まれた容姿、天性の華やかさは全てを超越する。今も大事だけれど5年後、10年後の團十郎像が気になる。

 10月公演で指摘されていたセリフの不明瞭さは解消された感。猿之助(義経)、幸四郎(富樫)が心強い。以前の弁慶では登場時からギラギラで弁慶が一番偉い人?という印象を受けたことも。しかし、今回は両演目ともに受け身の芝居の比重が格段に増え、それが役の厚みにつながった。

 「助六」では菊之助(揚巻)、松緑(意休)と“平成の三之助”がそろう。共演者の頼もしさに歌舞伎の将来は明るいと感じさせる。12代目の助六がよみがえる。おおらかさの中にとぼけた味わい、マシュマロのような柔らかさ。13代目はとがったキャラの中にユーモラスさを醸し出す。

 記者が忘れられない團十郎の“原記憶”は約15年前。ある会見の終了間際、取材陣に問い掛けた。「今、こうやって皆さん集まってますよね。でもこの中に質問せず帰る人もいる。なぜ? 僕には考えられないな」。たまたま若い記者が多い会見だったが、疑問を放っておけない純粋な一面に親しみを覚えたのが遠い昔のよう。

 そして早口の完璧セリフが評判の新之助。歌舞伎を知らない人も動画で勸玄(かんげん)くんは顔も名前もおなじみ。ネットで全国区になって初舞台という逆コースの役者人生。2歳7か月でしっかり自分の名前を発した初お目見え。母・麻央さんが旅立った直後の4歳での白狐姿、宙乗り。プレッシャー知らずの“失敗しない子”に絶賛の嵐だが、ノーミスにこだわって小さくまとまってほしくない。

 12月は「毛抜」。この演目は早すぎる、と疑問視する声もある。しかし本人が望んだ役。未来の團十郎は9歳で「革新」を起こそうとしている。粗削りで構わない。うまい下手を気にせず「役の心」を見る人たちに、永遠の記憶として刻みつけてほしい。(内野 小百美=55歳)

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×