【広島】メジャー通算54発マット・デビッドソン獲得決定的 長打不足解消期待の目玉助っ人

スポーツ報知
広島東洋カープ

 広島が新外国人としてメジャー通算54本塁打の右の強打者、マット・デビッドソン内野手(31)=アスレチックス傘下3A=を獲得することが11日、決定的になった。交渉は最終段階で、近日中に正式合意の見通し。今季は3A86試合32発(打率3割1分)で、マイナー通算226発。長打不足に悩んだ打線の穴を埋める新井カープの目玉助っ人として期待される。

 17、18年にはメジャーで2年連続20発を放った。その2年間はともにシーズン165三振と粗さもあるものの、長打力は何よりの魅力。三塁の守備経験も豊富で、今季118試合で三塁を守った坂倉が来季、捕手に専念する穴も埋まる。

 昨オフの鈴木のカブス移籍で、右の強打者不在も喫緊の課題だった。今季1年目でチーム最多17本塁打のマクブルームも来季残留が決定的。助っ人2人の一、三塁コンビで、打線に厚みが増すことは確実だ。

 レッズに在籍した20年には、今季途中に加入した秋山とチームメートだった時期もあり、溶け込みやすい環境もプラス。4年連続Bクラスに沈むチームの低迷脱却のキーマンとなる。

 ◆マット・デビッドソン(Matt Davidson)1991年3月26日、米カリフォルニア州生まれ。31歳。2009年、ユカイパ高からドラフト1巡目追補(全体35位)でダイヤモンドバックス入団。13年メジャーデビューし、今季は13試合2本塁打。“二刀流”も経験し、18年はエンゼルス・大谷より先に「3登板15本塁打」。メジャー通算311試合、打率2割2分、54本塁打、157打点。190センチ、104キロ。右投右打。

 マット・デビッドソンの打撃を動画で見る

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×