【競輪】ガールズケイリンから華麗な転身 小松島競輪で岩原紗也香さんが実況アナウンサーデビュー

スポーツ報知
ガールズケイリン選手から実況アナに転身した岩原紗也香さん(小松島競輪場で=本人提供)

 11月9日から11日まで行われた小松島競輪のF2開催で、元ガールズケイリン選手の岩原紗也香さん(30)=徳島・118期=が実況アナウンサーとしてデビューを果たした。昨年末に引退した岩原さんは、同場で長く務める女性実況アナのパイオニア・茂村華奈さんに見いだされて、半年以上修業を積み、ようやく実戦の舞台を踏むことに。「緊張しましたね。初日の1Rでアクシデント(落車)があったけど、そこはずっと練習していたところだったので。1日終わって、次の日またリセットされてまた緊張(笑い)。まだまだ慣れないですね」と、3日間を振り返った。

 中学、高校と剣道に打ち込み、それぞれで全国制覇の経験もある岩原さんだったが、就職を経てガールズケイリンにチャレンジ。運動から離れていたブランクを埋めきれず、デビュー後は苦戦続き。わずか1年半で代謝(成績下位が強制的に引退させられる制度)の対象となった。その後は小松島競輪のミッドナイト中継などに出演し、明るいキャラクターで人気を集める一方、「毎日、全国のレースを見ていました。レース前に台本を作るんですが、練習で1000レース分くらいは書いたかな」と、努力も忘れなかった。

 元選手が実況の道へ進むのは異例中の異例。岩原さんは他の公営競技を含めても全国最年少となる。「今回はチャレンジ(A級3班)戦だけやらせてもらった。最終日の決勝戦では、茂村さんのフレーズを絶対使おうと思って、うまく入れられた。終わって2人で泣きました」。今後の実況登場スケジュールは未定だが、19日からの同場ミッドナイト開催では中継番組に出演する。「ガールズ開催で実況したいですね。実況をメインに、何でもできるようになりたい。競輪界が盛り上がるように、自分が力になれれば」と、今後も幅広く活動していく構えだ。

ギャンブル

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×