【準硬式野球】13日に甲子園で日本一決定戦  西日本選抜・大手主将「多くの方に知ってもらいたい」

スポーツ報知
西日本選抜チームの大阪経済大・大手主将

 「全日本大学準硬式野球 東西対抗日本一決定戦甲子園大会」(報知新聞社など後援)が13日、阪神甲子園球場で行われる(午前9時から阪神タイガースWomen対全日本大学女子選抜戦を開催。ともに入場無料)。

 “見た目は軟球も中身は硬球”とよく表現されるボールを使用する準硬式野球。約280校が加盟する全日本大学連盟の選手の中には甲子園出場経験者は珍しくなく、近年では西武・大曲錬投手(福岡大)、王子製紙・高島泰都投手(明大)らプロ野球、社会人野球に進む選手もいるなどレベルは高い。一方で硬式野球未経験者も多くプレーしており、文武両道をまっとうしながら充実した大学生活を送れることも大きな魅力だ。

 今大会は一人でも多くの人たちに準硬式野球の魅力を知ってもらおうと新型コロナ感染防止策を万全に講じた上で入場無料とし、初めて聖地での”東西対抗オールスター戦”を開催。厳しい選考を経て選出された西日本選抜をまとめる大手美来主将(大経大4年=八戸学院光星)に、卒業後の進路を考えている高校球児の参考になるような準硬式野球の魅力、抱負を聞いた。

―大会への意気込みを聞かせて下さい。

 「試合に勝つことはもちろん、準硬式野球を少しでも多くの方々に知ってもらいたいと思っています。また、コロナ禍の中、開催していただけることに感謝し、多くの方々に勇気や元気を与えられるように精一杯プレーしたいです」

―高校は夏の甲子園で準優勝経験もある強豪の八戸学院光星出身です。

 「野球を始めた頃から甲子園で活躍することを目標に掲げてきましたので、甲子園は野球人が目指す場所だと思います。チームは1年時、3年時に夏の甲子園に出場しましたが、私はアルプス席での応援と悔しい思いをした場所でもあるので、当時の悔しさを晴らせるように頑張ってきました。努力する糧にもなった場所です」

―大学進学後、硬式ではなく準硬式野球を選んだ理由は?

 「私自身、高校時代に肘を骨折していたので、ケガを治しつつ野球をしたいと考えていた時、練習時間も短く自主性を取り入れている大経大の準硬式野球部に出会いました。プロ野球を目指すことは考えていなかったので、資格取得などにも力を入れ、野球にも全力で取り組める環境が整っていたので選びました」

―大経大は昨年、日本一に輝くなど全国屈指の強豪です。練習は厳しくないのですか?

 「試合でのサイン出し、練習メニュー作成などすべて学生主体で運営します。その分、責任感も強く感じますし、効率のよい練習方法を話し合った上で決めるので考える力が養われます。また、高校ではレギュラーの座をつかめなかった選手が活躍できるのも魅力の一つ。我が部ではアルバイトもできますし資格取得などにも力を入れているので、そのために休むこともできます。差はあるかもしれませんが、部費が低額な学校が多いと思うので、金銭面での心配はありません」

―西日本選抜はどういうチームになりそうですか?

 「全員が集まっての練習はできていないので雰囲気や特長などはわかりませんが、上級生を中心に下級生がのびのびとプレーできるようなチームを作り上げていきたいです」

―甲子園ではどのようなプレーをしたいですか?

 「甲子園では、周りがどよめくほどの打球、スイングをしたいと思います」

◇西日本選抜メンバー(中野弘之監督=大経大)

【投手】

西山 有氷(福岡大4年=都城西)176センチ、76キロ。右投右打。MAX145キロの闘志むき出しの投球が魅力。

池端 航羊(関学大3年=土佐)177センチ、78キロ。右投右打。MAX145キロの気持ちの入った投球。

鐙揚 啓介(甲南大3年=社)173センチ、75キロ。右投右打。コントロールのよさと多彩な変化球が持ち味。

松室 歳唯(大商大3年=高取国際)174センチ、73キロ。右投右打。伸びのある直球と制球のよさで粘り強い投球を。

水 歩夢(関学大3年=中京学院大中京)172センチ、62キロ。左投左打。多彩な変化球と手元で伸びる直球が武器。高校では軟式で全国制覇。

山下 館司(関大3年=関大一)176センチ、71キロ。左投左打。MAX140キロの直球で押していく。

西村 和真(徳島文理大3年=高知小津)171センチ、75キロ。右投左打。MAX14lキロの直球で強気に勝負。

春木 歪吾(金沢星稜大1年=大野)171センチ、72キロ。右投右打。持ち味はMAX143キロの直球を武器にした強気の投球。

【捕手】

宅島 祥矢(熊本学園大4年=長崎南)170センチ、67キロ。右投右打。遠投100メートル超の強肩と勝負強い打撃。

清水 将太郎(鳥取大4年=姫路南)175センチ、70キロ。右投右打。リーグ戦2年連続打率4位で、好機での勝負強さと肩に自信あり。

新居 龍聖(同大3年=高松商)171センチ、72キロ。右投左打。強肩、好リードで好守にバランス。

梶 康太(金沢大2年=富山東)176センチ、77キロ。右投左打。二塁送球1秒84、50メートル走6秒1秒の走れる捕手。

【内野手】

大手 美来(大経大4年=八戸学院光星)173センチ、82キロ。右投左打。今春リーグ戦は首位打者、ベストナイン、打点王。チームをまとめる頼れる主将。

近藤 海斗(西南学院大4年=福岡西陵)170センチ、68キロ。右投左打。リーグ戦首位打者、打点王。

小国 優真(福岡大4年=宇部鴻城)165センチ、68キロ。右投右打。リーグ戦ベストナイン、打点王。

松井 晴希(九産大4年=

星琳)167センチ、65キロ。右投右打。リーグ戦ベストナインで守備に自信あり。

前川 遼(京産大3年=洲本)180センチ、70キロ。右投左打。シャープな打撃でベストナイン2度。

森田 勇太(甲南大3年=市尼崎)176センチ、74キロ。右投左打。リーグ戦打率4割1分の打撃と遠投110メートルの強肩を生かした守備が持ち味。

富永 直樹(香川大医学部3年=高松)170センチ、62キロ。右投左打。50メートル走6秒2の俊足で文武両道を誇る。

西 椋生(岡山大3年=向陽)177センチ、66キロ。右投左打。2年連続ベストナインで盗塁王。

阿部 光(信州大3年=都市大塩尻)180センチ、70キロ。右投右打。昨年の北信越準硬式野球ベストナイン。

【外野手】

津島 良丞(大経大4年=大塚)170センチ、74キロ。右投右打。勝ちに飢えた大経大のリンカーン・パローズ。

福田 光伸(九産大4年=妻)169センチ、68キロ。右投右打。リーグ戦最優秀選手、盗塁王、ベストナイン2度獲得の走攻守三拍子そろった外野手。

向久保 怜央(同大3年=花巻東)175センチ、75キロ。右投左打。リーグ戦ベストナイン。

藤津 駿平(関大2年=関大北陽)171センチ、65キロ。右投右打。50メートル走5秒9のユーティリティープレーヤー。

※今大会の詳細などは全日本大学準硬式野球連盟の公式HP https://junkoh.jp/から。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×