藤井聡太竜王が悠々3連勝で連覇&初防衛に王手! 竜王戦第4局

スポーツ報知
京都府福知山市の福知山城天守閣での竜王戦七番勝負第4局2日目を指す藤井聡太竜王(写真提供・日本将棋連盟)

 将棋・第35期竜王戦七番勝負第4局は9日、京都府福知山市の「福知山城天守閣」で8日から指し継がれ、藤井聡太竜王=王位、叡王、王将、棋聖=が挑戦者の広瀬章人八段を先手番で破り、シリーズ戦績を3勝1敗として、連覇と初防衛に王手をかけた。

 2戦ぶり3度目の角換わりで始まった第4局は、1日目は五分五分で終えたが、後手・広瀬が封じた66手△2八歩で再開された2日目は、広瀬の攻めに藤井が的確に対応して午前中から早くも優勢に。昼食休憩明けに指した77手目の▲2二歩で相手玉周辺を崩し、午後3時のおやつの後に広瀬が早々と投了を告げた。

 第5局は25、26日に福岡県福津市の「宮地嶽神社貴賓室」で指される。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×