【エリザベス女王杯】スタニングローズ 統一女王の座へ万全の状態 高野調教師「結果を出せると思います」

坂路を単走で追い切るスタニングローズ
坂路を単走で追い切るスタニングローズ

◆第47回エリザベス女王杯・G1(11月13日、阪神・芝2200メートル)追い切り=11月9日、栗東トレセン

 秋華賞を制し、統一女王の座を狙うスタニングローズ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎、父キングカメハメハ)は坂路の2本目を単走。

 ほぼ馬なりで登坂し、軽く促されたラストはしっかりと反応して55秒5―12秒1。初のG1制覇後もダメージはなく、順調に乗り込んで牝馬NO1決定戦に臨む。

 高野調教師は「中身はできているので、ラストだけ体を大きく動かしましたが、とてもよかったですね。古馬相手の重要なレースですが、今後につながる結果が出せると思っています」と、G1連覇に自信のコメント。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×