竜王戦第4局午前のおやつ、藤井竜王は勝利重ねる「福知山踊かさね」、広瀬八段は「カツ丼プリン」で勝つ!

スポーツ報知
竜王戦七番勝負第4局1日目の午前のおやつに出された藤井聡太竜王の「福知山踊かさね」(左手前)と広瀬章人八段の「カツ丼プリン」(右手前)(写真提供・日本将棋連盟)

 京都府福知山市の「福知山城天守閣」で8日に指されている将棋・第35期竜王戦七番勝負第4局1日目で、藤井聡太竜王=王位、叡王、王将、棋聖=と元竜王の挑戦者・広瀬章人八段に午前10時、おやつが控室に配膳された。

 街の中に「お城とスイーツの町」の看板もあり、観光の一環で約10年前からスイーツ推しの福知山で、藤井が選んだのは「福知山踊かさね フルーツ添え」。サクサクと香ばしい地元銘菓・踊せんべいで、上品な粒あんを包み込んである。2連勝からさらに勝利を“かさね”るか。勝負ドリンクは「ふくちやま抹茶使用グリーンティー(冷)」で、上質な抹茶と、きび糖の甘みが特徴という。

 一方、広瀬は「福知山トリックスイーツ『カツ丼プリン』」。見た目にガツンと来るプリンで「勝つ」を頭脳のエネルギーにする。ドリンクは「福知山城下町の和三盆サイダー『涼』」で、和三盆の優しい甘さが爽やかなサイダーだ。

 福知山市では4期ぶり2度目の竜王戦開催にあたって、両雄に提供する「勝負めし」「勝負おやつ」「勝負ドリンク」を決めるプロジェクトを進行し、2人のためのメニューブックを作成。勝負めし10種類、おやつ12種類、勝負ドリンクは10種類(普通のコーヒー、紅茶含む)あり、写真とミニ解説入りで掲載した。2人は前日にメニューを決めたが、藤井は「早くも大長考してしまった」、広瀬も「なかなか決められなかった」と盤上同様に熟考したことを明かしていた。

 対局は角換わり相腰掛け銀で午前10時時点で36手まで進行。40手目で6筋の歩がぶつかった。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×