【中日】契約更改スタート FA権行使せず複数年契約の松葉貴大が大幅増でサイン「10年間頑張ってきて良かった」

松葉貴大
松葉貴大
ガッツポーズをみせる松葉貴大
ガッツポーズをみせる松葉貴大

 中日・松葉貴大投手が8日、ナゴヤ球場での契約更改に臨み、2200万増の5000万円(推定)でサインした。左腕は「残留する意思は早い段階で決めてましたけど、サインしてほっとしている。(複数年契約+出来高払いに)非常に納得できる契約です。倍まではいかなかったですけど、倍近い額まで上げてもらった。プロ野球選手になって一番高い年俸ですし、10年間頑張ってきて良かった」と喜んだ。

 熟考の結果、今季取得した国内フリーエージェント権(FA権)を行使せず残留。チームと複数年契約を結び「(起用面などチームの)期待に応えることができて良かった。今まで見てきて、複数年契約を組んだ次の年は転んでしまう傾向があるので、来年が非常に大事になる。来年に対しては今まで以上にやらないといけない」と意気込んだ。

 松葉は、19年にオリックスからトレードで移籍。近年は安定した投球を続け、今季もローテーションの一角として19試合に登板し、6勝7敗、防御率3・33と活躍していた。

松葉貴大
ガッツポーズをみせる松葉貴大
すべての写真を見る 2枚

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×