【プロ野球】現役ドラフトルールが決定 年俸5000万円以上、複数年契約選手などは除外

スポーツ報知
 

 プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)の理事会、実行委員会が7日、オンラインで行われ、出場機会の少ない選手の移籍の活性化を目指す「現役ドラフト」の制度規定が決まった。

 開催は12月9日。各球団は現役ドラフトの1週間前に出す保留者名簿の中から外国人選手、FA権取得選手や育成選手などを除いた2人以上の選手のリストを提出し、最低1人以上を獲得する。

 提出した選手リストの中で他球団から一番多い指名を受けた球団が、最初に指名できるシステムで、より他球団が欲しい選手を出した方が有利となる。その後は、最初に選手を獲得された球団が2番目に指名する権利を得る。基本的にそれを繰り返し12球団で入れ替えが生じる。リストや会議自体は非公開となる。

 ◇対象除外選手

〈1〉外国人選手

〈2〉複数年契約選手

〈3〉年俸5000万円以上の選手(1名に限り5000万円以上1億円未満の選手を対象とできる)

〈4〉過去にFA権を行使したことがある選手

〈5〉FA資格選手

〈6〉育成選手

〈7〉前年の年度連盟選手権試合終了の日の翌日以降において、選手契約の譲渡により獲得した選手

〈8〉シーズン終了後に育成から支配下に切り替えられた選手

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×