兄弟漫才の酒井くにおさん死去 74歳・慢性虚血性心疾患 とおる「感謝の言葉しかない」

スポーツ報知
酒井くにおさん

 漫才コンビ・酒井くにおとおるの酒井くにおさん(本名・酒井国夫)が、10月28日午前8時30分に、大阪市内の自宅で慢性虚血性心疾患のため亡くなっていたことが7日、分かった。74歳。所属する松竹芸能が発表した。葬儀は6日、故人の遺志により家族葬にて執り行われた。

 酒井くにおとおるは、ともに岩手県奥州市出身。1970年にさがみ三太・良太に入門しコントを始め、72年に来阪し漫才に転向。74年11月から松竹芸能に所属し、97年には「第32回上方漫才大賞」大賞を受賞した。2020年には「芸歴50周年記念公演」も行っている。

 相方の酒井とおるは松竹芸能を通し「この度、酒井くにおは寄席の舞台、そして人生の舞台からも幕を下ろしてしまいました。10月28日早朝、横なって寝ているような姿でした。応援してくださった皆さん、松竹芸能の皆さん、関係者の皆さんにお世話になり、52年の芸人人生でした。思い起こせば、コンビ結成当初はコントでも兄貴の口立てでネタ合わせ、台本無いの? で始まり、兄貴は物凄く前向きで決断も早く、東京、名古屋、大阪と活動の場を広げて行くのです。私は唯々ついて行くだけでした。会う人会う人と積極的に話し掛け、どんどん人の輪を広げてくれました。お陰様でいくつかの漫才の賞も頂けました。感謝の言葉しかありません。5年前、腰の手術をしてからは、年々、体が思うように動かず、悔しく、辛かったと思いますが、人前では、目一杯元気な姿を見せようとしてたね! ここ1年ほどは、正月番組まではガンバル! 岩手での落語会まではガンバル! とおるの息子の結婚式まではガンバル! と言って頑張ってくれました。もう! 頑張らなくて良いよ!! ゆっくり休んでください! 今までありがとう!」とコメントを発表した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×