全日本大学駅伝3位の青学大 2区で11人抜かれの白石光星「箱根駅伝メンバー入りを諦めません」

スポーツ報知
第2中継所でたすきをつなぐ青学大2区の白石光星(右)と3区の佐藤一世(カメラ・菅野靖)

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (6日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 王者の駒大が1区から8区まで盤石の走りで5時間6分47秒の大会新記録で圧勝した。全日本大学駅伝で3連覇&最多15勝目。学生3大駅伝今季初戦の出雲駅伝(10月10日)に続いて完勝した駒大は3大駅伝最多の26勝目(箱根駅伝7勝、全日本大学駅伝15勝、出雲駅伝4勝)。大学駅伝界の王者は箱根駅伝(来年1月2、3日)でチーム初の3冠を目指す。

 3分21秒差の2位は駒大出身の前田康弘監督が率いる国学院大。出雲駅伝に続いて師弟コンビのワンツーフィニッシュとなった。

 今年の箱根駅伝を制した青学大は、優勝した駒大と3分59秒差の3位に終わった。原晋監督が今大会に向けて発令した「プライド大作戦」は不発に終わった。敗因のひとつはスピードランナーがそろった2区(11・1キロ)。区間新記録の区間2位と好走した駒大のスーパーエース佐藤圭汰に対し、青学大期待の白石光星(2年)は区間16位と大苦戦した。佐藤と白石のタイム差(2分19秒)が響き、青学大は波に乗ることができなかった。

 待望の学生3大駅伝デビュー戦で実力を発揮できなかった白石は「体が軽すぎた。僕は少し重く感じる方が調子がいいのですけど。直前でマッサージに行くなど、今大会に備えすぎて、普段と違うことをしてしまいました」と厳しい表情で話した。今後、箱根駅伝に向けて厳しいメンバー争いが待っている。「MARCH対抗戦1万メートルで絶対に結果を出したい。箱根駅伝メンバー入りは決して諦めていません」と懸命に前を向いて話した。

 原監督も箱根駅伝での巻き返しに向けて意欲満々。「これだけ負けると腹が立つ、箱根駅伝では勝ちますよ。悲観はしていません。山上りの5区、山下りの6区にも自信を持っています」と連覇がかかる箱根路でリベンジを誓った。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×