【巨人】育成・保科広一が侍ジャパン戦で右前安打 スタメン大抜てきに応える一打を放つ

スポーツ報知
4回2死二塁、右前安打を放つ保科広一(カメラ・中島 傑)

◆侍ジャパンシリーズ2022 巨人―日本(6日・東京ドーム)

 育成2年目・保科広一外野手が、2打席目で右前安打を放った。

 3回の1打席目は二ゴロだったが、3点リードとなった4回2死二塁の2打席目は与座の初球スライダーを捉え、右前に打球を運んだ。

 二塁走者・大城は本塁でタッチアウトとなったが、坂本、丸、中田ら主力が先発する中、「9番・右翼」で起用された育成2年目が来季につながる一打を放った。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請