国学院大2位健闘も駒大に完敗 駒大出身の前田康弘監督「駒大はエベレストのように高い山」

スポーツ報知
2位でゴールをする8区の国学院大・伊地知賢造(カメラ・義村 治子)

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (6日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 王者の駒大が1区から8区まで盤石の走りで5時間6分47秒の大会新記録で圧勝した。全日本大学駅伝で3連覇&最多15勝目。学生3大駅伝今季初戦の出雲駅伝(10月10日)に続いて完勝した駒大は3大駅伝最多の26勝目(箱根駅伝7勝、全日本大学駅伝15勝、出雲駅伝4勝)。大学駅伝界の王者は箱根駅伝(来年1月2、3日)でチーム初の3冠を目指す。

 3分21秒差の2位は駒大出身の前田康弘監督が率いる国学院大。出雲駅伝に続いて師弟コンビのワンツーフィニッシュとなった。前田監督は駒大が初優勝した1998年大会のVメンバー。その24年後、国学院大チーム史上最高の全日本大学駅伝2位と健闘した。前田監督は「1区で出遅れたが、全員で勝ち取った2位です」と胸を張った。それでも、駒大とは距離にして、1キロ以上の大差をつけられた。「駒大はエベレストのように高い山です」と前田監督はしみじみと話す。どんなに高い山でも越えるために前田監督率いる国学院大は走り続ける。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×