青学大「プライド大作戦」不発で3位 駒大に完敗も原晋監督「箱根駅伝に向けて悲観していない」

スポーツ報知
3位でゴールをする8区の青学大・宮坂大器(カメラ・義村 治子)

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝  (6日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 王者の駒大が1区から8区まで盤石の走りで5時間6分47秒の大会新記録で圧勝した。全日本大学駅伝で3連覇&最多15勝目。学生3大駅伝今季初戦の出雲駅伝(10月10日)に続いて完勝した駒大は3大駅伝最多の26勝目(箱根駅伝7勝、全日本大学駅伝15勝、出雲駅伝4勝)。大学駅伝界の王者は箱根駅伝(来年1月2、3日)でチーム初の3冠を目指す。

 3分21秒差の2位は駒大出身の前田康弘監督が率いる国学院大。出雲駅伝に続いて師弟コンビのワンツーフィニッシュとなった。

 今年の箱根駅伝を制した青学大は、優勝した駒大と3分59秒差の3位だった。原晋監督は今大会に向けて「プライド大作戦」を発令。「全日本大学駅伝は、それぞれのチームがプライドを持って走ります。青学大は今季初戦の出雲駅伝では4位でしたけど、昨季の箱根駅伝王者というプライドがある。全日本大学駅伝ではプライドをかけて勝ちにいきます。名付けて『プライド大作戦』です」と指揮官は伊勢路にかける熱い思いを込めて話していたが、駒大に距離にして約1・3キロの大差をつけられて「不発」に終わった。4年目にして学生3大駅伝初出場となったアンカーの宮坂大器主将(4年)は2位でタスキを受けたが、国学院の伊地知賢造(3年)に逆転を許した。それでも、キャプテンのプライドで辛うじて1秒差で順大に逆転を許さず、3位でゴールした。

 原監督は「心配していた2区と8区で苦戦した。しかし、その他の区間では負けていません」とレースを総括した。残るリベンジの場は箱根駅伝だけ。「箱根駅伝に向けて悲観はしていません。山上りの5区、山下りの6区にも自信を持っています」と連覇がかかる大一番に向けて巻き返しを誓った。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×