全日本大学駅伝1区区間新記録の大東大・ワンジルにこやかに「良い走りできました」

大東大・ワンジル
大東大・ワンジル

◇学生3大駅伝第2戦 全日本大学駅伝(6日、名古屋市熱田神宮西門前スタート、三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前ゴール=8区間106・8キロ)

 1区の7キロ過ぎに大東大の留学生エースのピーター・ワンジル(2年)が猛然と青学大の目片将大(4年)を追いかけ、8・2キロで目片を逆転。区間賞を獲得した。26分58秒で走破し、昨年大会で駒大の佐藤条二(当時1年、現2年)がマークした27分5秒の区間記録を更新した。

 ワンジルは中継局の区間賞インタビューで「ありがとうございました。ああ、楽しいです。今日は良いコンディションだから良い走りできました。ありがとうございました」と日本語でにこやかにコメントした。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×