バスケットボール男子のBリーグ、サッカーJリーグの新たなスポーツ振興くじ「WINNER(ウィナー)」。1口200円から購入できて、予想がシンプルだからサッカーやバスケットボールにあまり詳しくない人でも、注目の試合や大会だけピンポイントで楽しめる。当せん金は変動するオッズに応じて決定。Bリーグは1部(B1)と2部(B2)の全試合で、勝者とスコアの1~3点差、4~6点差などの16択。J1~J3は1―0、1―1、0―1といった結果で18択となる。詳しくはオフィシャルサイト(https://www.toto-dream.com)まで。

浦和、ポーランド人のマチェイ・スコルジャ氏が新監督就任へ 同国1部リーグで4度優勝の50歳名将

浦和サポーター
浦和サポーター

 J1浦和の来季新監督に、ポーランド出身のマチェイ・スコルジャ氏(50)が就任する見通しであることが5日、スポーツ報知の取材で分かった。関係者によると、交渉は大詰めを迎えており、近日中に契約を交わす予定とみられる。就任すれば、クラブ初のポーランド出身指揮官となる。

 スコルジャ氏は、1994年にポーランドのレギア・ワルシャワユース監督として指導者のキャリアを開始した。その後、母国の複数クラブを指揮。ヴィスワ・クラクフで2度(07―08、08―09年)、レフ・ポズナンで2度(14―15、21―22年)、ポーランド1部リーグを制覇した。

 18―20年はUAE(アラブ首長国連邦)のU―23代表を指揮。昨年からレフ・ポズナンの監督に再び就任し、21―22年シーズンでリーグ優勝を飾った。だが、今年6月に個人的理由で同クラブを退任していた。

 浦和はスペイン出身のリカルド・ロドリゲス監督が21年から指揮し、同年は天皇杯で優勝を飾った。今季はACLで決勝進出した一方、リーグ戦は最終節を残して8位。ルヴァン杯、天皇杯も逃し、国内主要タイトルは無冠に終わった。クラブは先月31日、ロドリゲス監督の今季限りでの退任を発表した。

 ◆浦和の歴代監督(カッコ内は出身国)

 ▼1993年 森孝慈

 ▼94年 横山謙三

 ▼95―96年 ホルガー・オジェック(ドイツ)

 ▼97年 ホルスト・ケッペル(ドイツ)

 ▼98―99年 原博実

 ▼99年 ア・デモス(オランダ)、吉田靖

 ▼2000年 斉藤和夫、横山謙三 ※J2

 ▼01年 チッタ(ブラジル)、ピッタ(ブラジル)

 ▼02―03年 ハンス・オフト(オランダ)

 ▼04―06年 ギド・ブッフバルト(ドイツ)

 ▼07―08年 ホルガー・オジェック(ドイツ)

 ▼08年 ゲルト・エンゲルス(ドイツ)

 ▼09―10年 フォルカー・フィンケ(ドイツ)

 ▼11年 ゼリコ・ペトロヴィッチ(モンテネグロ)、堀孝史

 ▼12―17年 ミハイロ・ペトロヴィッチ(セルビア)

 ▼17―18年 堀孝史

 ▼18年 大槻毅

 ▼18―19年 オズワルド・オリヴェイラ(ブラジル)

 ▼19―20年 大槻毅

 ▼21―22年 リカルド・ロドリゲス(スペイン)

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×