世界陸上代表の順大エース・三浦龍司は2年連続2区に配置 全日本大学駅伝

スポーツ報知
三浦龍司

 学生3大駅伝の第2戦となる全日本大学駅伝(6日、名古屋市熱田神宮西門前~三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前=8区間106・8キロ)の区間登録が4日、発表された。

 学生3大駅伝開幕戦の10月の出雲駅伝(島根・出雲市=6区間45・1キロ)で5位に入った順大は、昨年の東京五輪3000メートル障害7位入賞の三浦龍司(3年)を2年連続の2区に配置。主軸の4年生を順当に主要な区間に配し、22年ぶり2度目の伊勢路制覇を目指す。

 三浦は昨年、2区で区間賞を獲得し、トップに立っており、よく知る区間で2年連続での快走が期待される。3区には野村優作、6区に西沢侑真主将、7区に5月の関東インカレ1万メートル王者・伊予田達弥、8区に四釜峻佑の「令和クインテット」と呼ばれる主軸4年生のうち、4人を置いた。残る1人の平駿介は補欠となった。

 前回優勝の駒大など上位8校のシード校をはじめ、全国の25校とオープン参加する日本学連選抜と東海学連選抜の計27チームが参加。今季初戦の出雲駅伝で圧勝し、伊勢路で3年連続15度目の優勝を狙う駒大が今大会も優勝候補の筆頭に挙がる。出雲駅伝2位の国学院大、同3位の中大、同4位の青学大、同5位の順大などが優勝争いに加わることが予想される。

 出場チームは10月12日までに16選手を登録。その中から3日正午までに8区間と補欠5人を登録する。レースは6日午前8時5分にスタート。レース当日午前6時10分~30分に3人以内の補欠選手を任意の区間に投入できる(区間登録された選手の区間変更は認められない)。順大の区間登録、補欠登録の選手は以下の通り。

 ▽1区(9・5キロ) 油谷 航亮(2年)

 ▽2区(11・1キロ) 三浦 龍司(3年)

 ▽3区(11・9キロ) 野村 優作(4年)

 ▽4区(11・8キロ) 藤原 優希(3年)

 ▽5区(12・4キロ) 浅井 皓貴(2年)

 ▽6区(12・8キロ) 西沢 侑真(4年)

 ▽7区(17・6キロ) 伊予田 達弥(4年)

 ▽8区(19・7キロ) 四釜 峻佑(4年)

 ▽補欠 荒木 勇人(4年)

 ▽補欠 平 駿介(4年)

 ▽補欠 石井 一希(3年)

 ▽補欠 内田 征治(3年)

 ▽補欠 海老沢 憲伸(2年)

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×