松坂大輔氏、凡ミスの走塁ミスに「本当に恥ずかしかった」 イチロー氏「そういう抜けている所が大輔」

スポーツ報知
1回1死一、二塁、内野安打を放ち、笑顔を見せる松坂大輔氏(カメラ・関口 俊明)

◆エキシビションマッチ SATO presents 高校野球女子選抜1―7イチロー選抜KOBE CHIBEN(3日・東京ドーム)

 マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(49)が「9番・投手」、昨季限りで引退した松坂大輔氏(42)が「4番・遊撃」でスタメン出場した高校野球女子選抜とのエキシビションマッチは、イチロー氏が9回131球で2安打1失点、14奪三振で完投勝利。打っては8回無死満塁で一併打に倒れるなど4打数無安打だったが、最速は134キロをマークした。初参戦だった松坂氏は4打数3安打1打点で遊撃の守備でも好守を連発した。

 松坂氏は3安打を放った一方で、3回の走塁では、アウトカウントを勘違いしてアウトになる凡ミスもあった。松坂氏は「本当に恥ずかしかったです」と苦笑いで振り返った。イチロー氏は「そういう抜けている所が大輔」と笑いながら、試合前に神戸で行った練習でもスパイクを忘れたというマル秘エピソードを明かしていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×