【中日】立浪和義監督が鵜飼航丞の悪癖を指摘 「手の動きで、普通に打てるようになる」 秋季キャンプ初日

スポーツ報知
室内練習場からの移動中に笑顔を見せる鵜飼航丞

 中日・立浪和義監督が2日、沖縄・北谷での秋季キャンプで別メニュー調整している鵜飼航丞外野手の状態を明かした。

 軽度の右足のコンディション不良で全体メニューから外れている鵜飼は、室内で座りながら短いバットでティー打撃を行ったり、荒木内野守備走塁コーチとハンドリングの練習を行うなど、可能な範囲での練習を精力的に行った。

 立浪監督は「(短いバットを持った練習で)手が伸びるというか、体からバットが離れる癖がある。けがの功名ではないですけど、まずは手の動きをしっかりやる。こっちにいる間には、普通に打てるようになると思います。走ったり、守備などは様子みながらですけど、まずは手の使い方を覚えようと」と説明した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×