井ノ原快彦「ジャニーズアイランド」社長就任「堂々と周りの力を借りたい」前任・滝沢秀明氏と「同じことはできない」

ジャニーズアイランドの新社長に就任した井ノ原快彦
ジャニーズアイランドの新社長に就任した井ノ原快彦

 ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(40)が、10月末をもって同社を退社したことが31日、分かった。兼務していた若手育成やプロデュース業を行う関連会社「ジャニーズアイランド」の社長の後任には、元V6の井ノ原快彦(46)が9月26日付で就任した。俳優やタレント業に加え、会社運営にも携わる“二刀流”に、井ノ原は「聞く力」を大切にしていきたいとの意向を示した。

 井ノ原は9月中旬にジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長から「―アイランド」社長就任の要請を受けた。ジャニーさんから薫陶を受け、プライベートでも2児の父として我が子を“育成”。V6では作詞作曲も手掛け、年齢の異なるグループの調整役としてライブMCを務めるなど、プロデューサーとしての資質が後任への決め手となった。

 10月上旬、滝沢氏の元を訪ね、直接、後を継ぐことを伝え、話し合った。オーディションでの出会い、V6の初コンサートで滝沢氏がMCを務めたこと。「彼が辞めることよりも続けてきたこと、ジャニーさんの後を継ごうとした意志は、僕たちが受け継いでいきたい」

 滝沢氏と「同じことはできない」と自覚する。だが「もっと適任がいる」「社長素人として堂々と周りの力を借りたい」との飾らない姿勢が“イノッチ”色だ。すでに約30人のJr.と面談を行い、「話を聞いているだけでエネルギーをもらえる。メチャクチャ楽しい。サイコーですよ」。「背中で示す」のではなく「伴走する」トップ像の姿が見える。

 今後は芸能活動を継続しながらJr.の育成とプロデュース業を担うが、指針となるのはジャニーさんとの最後の会話だ。「(Jr.を)選ぶコツってあるんですか」。返ってきた言葉は「全くない。やる気しかない」。

 社長就任が発表される11月1日はV6がデビューし、解散した日。その“記念日”に新たなスタートを切る。「出役をやりながら、Jr.を見てきた人はいない。いろいろな人の助けを借りていきたい」。ジャニーズ帝国は大きな転換期を迎える。

 ◆イノッチに聞く

 ―いつ頃聞いたのか。

 「9月中旬に、ジュリー社長から『お願いします』と。あまりビックリすることはないんですけど、久々に『えー』と。すぐ家族会議を開いて、その日のうちに返事しました。家族は背中を押してくれました」

 ―事務所の方々に報告は。

 「東山さんは『頑張れ』って。(堂本)光一くんには『ピッタリだよ』と。(堂本)剛からは『合宿所で裸踊りしていたヤツが社長になるんだよと言ってあげたい』と言われましたね」

 ―タレント業との二足のわらじになる。

 「メチャクチャ大変でしょうけど、もっと大変なことは、いくらでもありましたから。違うのは、表に出ないで子供たちの夢を共有しないといけないこと」

 ―自身にも中1の長男と小3の長女がいる。

 「子育てみたいなものですけど、(子育ては)思い通りにいったことがない(笑い)。それと比べたら(Jr.は)言うこと聞いてくれる」

 ◆井ノ原 快彦(いのはら・よしひこ)1976年5月17日、東京都生まれ。46歳。88年にジャニーズ事務所に入所し、95年にV6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビュー。2007年に女優の瀬戸朝香との結婚を発表。10年に長男、13年に長女が誕生する。10年から8年間、NHK「あさイチ」のキャスター、15年にはNHK紅白歌合戦の白組司会を務めた。血液型A。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×