【オリックス】日本一の優勝会見<2>MVPの杉本裕太郎「また来年も温かく見守って下さい」

スポーツ報知
会見で決まり文句を決めた杉本裕太郎(カメラ・渡辺 了文)

◆「SMBC日本シリーズ2022」第7戦 ヤクルト4―5オリックス(30日・神宮)

 3勝2敗1分で王手をかけていたオリックスがヤクルトを下し、1996年以来、26年ぶりの日本一に輝いた。試合後にホテルで優勝会見に臨んだ中嶋聡監督や主力選手は次々に喜びと感謝を口にした。MVPの杉本裕太郎外野手のコメントは以下の通り。

―日本一になった感想は

「去年、(第6戦の)ほっともっとでやられてからずっと悔しい思いをしてやってきた。今日、日本一になれてすごいうれしいです」

―MVPは

「CSで取る気満々だったんですけど、(吉田)正尚に取られてしまった。日本シリーズで取れるように頑張りますと言ったんですけど、ほんまに頂けて感謝しています」

―シリーズでは2本の適時打。今日も大量点につながる打球があった

「はい、みんながつないでくれたチャンスだったので、結果、エラーにはなりましたけど、点が入って良かったなと思いました」

―7戦フルで戦って日本シリーズを振り返って

「去年と同様、ヤクルトさんのバッテリーにはすごい苦しめられましたし、でも苦しみながらも自分が強くなるチャンスだと思って、毎打席、毎打席、臨んだ。課題がたくさんでたシリーズでしたけど、また克服して来年出られるようにしたいです」

―ファンに

「去年のリベンジすることができました。1年間、レギュラーシーズンは僕、うまくいかないことが多かったんですけど、それでも温かい声援を送って頂きうれしかったです。来年もうまくいかないことがあるかもしれないですけど、また温かく見守って下さい。よろしくお願いします」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×