【巨人】石田隼都が3回4K「同級生が投げてるのでやっぱり負けたくない」育成の京本、川崎に闘志

スポーツ報知
6回から2番手でマウンドに上がり3回を2安打1失点に抑えた石田隼都(カメラ・中島 傑)

◆みやぎフェニックス・リーグ 巨人2―3阪神(29日・天福)

 巨人の石田隼都投手(19)が29日、みやざきフェニックス・リーグの阪神戦(天福)に6回から2番手で登板し、3回49球を投げて、2安打1失点、4奪三振と猛アピールし、同じ高卒ルーキーたちへ闘志を燃やした。

 「入りからしっかりと腕を振れて、強い真っすぐを意識して投げた」と6回は最速146キロをマークした直球を軸に2者から三振を奪うなど3者凡退。7回には栄枝の右中間への飛球を右翼手が見失い、落球。ランニングホームランとなり1点を失ったものの「真っすぐでファウルを取れるように意識して投げることができた」と好感触を明かした。

 同期に負けじとアピールを続ける。同じ支配下の代木を始め、育成の京本、川崎ら高卒1年目の投手がアピールを続けている。石田は「同級生が投げているのでやっぱり負けたくない。僕も頑張りたい」と闘志。1軍登板に向けて、着々と準備を進める。(水上 智恵)

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年