【巨人】育成・坂本勇人が2点適時打、菊田拡和が猛打賞もフェニックス・リーグの阪神戦は敗れる

スポーツ報知
9回1死一、二塁、左へ適時二塁打を放つ坂本勇人(カメラ・中島 傑)

◆みやざきフェニックス・リーグ 巨人2―3阪神(29日・天福)

 巨人はフェニックス・リーグの阪神戦に臨み、2―3で敗れた。

 先発の木下は初回、1、2番の高寺、小幡と2者連続で三塁打を許すなど2失点。それでも2、3回は安打で走者を背負いながらも無失点に抑えた。

 4回は7番・豊田を見逃し三振に抑えるなど打者3人で片づけると、5回も1番・高寺を一度もバットを振らせず、3球で三振に抑えるなど3者凡退。木下は5回4安打2失点で降板となった。

 6回からマウンドに上がったのは石田。6回は2者から三振を奪い、3者凡退としたが、7回に失点。1死から6番・栄田の右中間へ上がった当たりは、右翼手・岡田が見失って捕球できず、ランニングホームランとなった。

 8回には2死から2番・小幡に右越えの二塁打、続く小野寺に四球を与え、一、二塁としたが、前川を空振り三振に抑えた。

 0―3のまま迎えた9回は3番手・山崎友が安打や四球で1死満塁のピンチを迎えながらも9番・熊谷を空振り三振。1番・高寺を遊ゴロに打ち取り、追加点を許さなかった。

 打線は菊田が猛打賞とアピールするも、得点に結びつかなかった。9回1死二塁から代打・坂本勇が岩田から左越えの適時二塁打を放ち、1点差まで迫ったが、後が続かず、阪神に敗れた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請