竜王戦第3局1日目の3時のおやつは藤井竜王「どらサンド」広瀬八段「タヌキのケーキ」

静岡県富士宮市の「割烹旅館 たちばな」での第35期竜王戦七番勝負第3局1日目の午後のおやつに出された藤井聡太竜王の「どらサンド」(左)と広瀬章人八段の「タヌキのケーキ」(写真提供・日本将棋連盟)
静岡県富士宮市の「割烹旅館 たちばな」での第35期竜王戦七番勝負第3局1日目の午後のおやつに出された藤井聡太竜王の「どらサンド」(左)と広瀬章人八段の「タヌキのケーキ」(写真提供・日本将棋連盟)

 静岡県富士宮市の「割烹旅館 たちばな」で28日に指されている将棋の第35期竜王戦七番勝負第3局1日目で、藤井聡太竜王=王位、叡王、王将、棋聖=と挑戦者・広瀬章人八段の午後3時のおやつが控室に配膳された。

 藤井のチョイスは「どらサンド」。どら焼きを割ってフルーツサンドにした和洋ミックスのスイーツで、静岡名産・緑茶をアイスで合わせた。

 広瀬は「タヌキのケーキ」とアイスコーヒーを注文した。バタークリームをチョコレートでコーティングし、タヌキの形を作ったケーキで、歩の駒のクッキーが乗ってある。藤井はこの日の昼食に「いなり寿司」=キツネを頼んでおり、キツネとタヌキの“化かし合い”といった展開になるか。

 対局は藤井が昼食休憩明けの54手・△4五同歩に54分、64手・△3三に39分の時間をかけ、午後3時30分の時点で持ち時間は残り4時間45分。広瀬は比較的、時間を使っておらず、同時点で6時間以上残していた。

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×