【広島】2軍コーチ就任の福地寿樹、機動力野球復活へ「原因は必ずある」 肩書きは異例の打撃兼走塁

スポーツ報知
就任会見を行った広島2軍打撃兼走塁コーチの福地寿樹氏

 広島で来季コーチを務める福地寿樹氏が28日、マツダスタジアムで就任会見を行った。ポストは2軍打撃兼走塁コーチとして、攻撃面全般を担当する。06年開幕前に西武にトレード移籍して以来の古巣復帰。「久しぶりの赤いユニホームなので、本当にわくわくしています」と笑みを浮かべた。

 西武移籍までチームメートだった新井新監督とは、16年4月26日のヤクルト戦(神宮)で2000安打を達成した際に祝福の花束を手渡すなど、親交は深い。「若手の育成とチームの底上げを。ここで力を貸してください」とオファーを受けたという。

 「僕も悩みましたけど。悩みましたけど、やっぱり何とか力になりたいと僕自身思った。カープを離れてからも、どこかで何かしらの形で恩返しをしたいなと思っていましたから。そのタイミングが今だと思って決断しました」

 求められるのは、新井新監督が掲げる機動力野球の復活。今季チームはセ・リーグ歴代ワースト2位の26盗塁に終わり、2軍の21盗塁も今季リーグワーストだった。「伝統である機動力というのは先輩方が築き上げてきたもの。これから先も引き継いでいくものだと僕は思っている。盗塁は数だけではないですけど、今年に関してはどうしてスタートが切れなかったかとか、色んな原因が必ずあると思う。まずはしっかりそこを追及して、整理していきたいと思います」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×