NHK大河「鎌倉殿の13人」ダーク義時の思惑通り鎌倉最大の合戦勃発!セクシー市原色気封印に戸惑いの声…第41回みどころ

スポーツ報知
和田勢を率いて御所に突入した和田義盛(横田栄司)

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第41回「義盛、お前に罪はない」(30日放送)で、義時と武勇で知られる侍所の別当・和田義盛(横田栄司)が激突する。

 義時と幼なじみのように育ってきたものの、今や反北条の筆頭になってしまった義盛。有力御家人の大江広元(栗原英雄)、三浦義村(山本耕史)らも巻き込んだ幕府最大の激戦で、歴史にも知られる「和田合戦」が勃発する。公式サイトの予告動画でも紹介されているように、時代劇ならではの派手な合戦シーンが期待できる。

 前週の第40回「罠と罠」(23日放送)では、両者の衝突を避けようとする周囲の動きが描かれた。将軍・源実朝(柿澤勇人)や母の北条政子(小池栄子)らが義時と義盛を説得。一時は和解までこぎ着けたが、家来たちは止まらない。停戦は間に合わなかった。誰かが望んでしまうと戦争は中々止められないと実感させられる。

 和田合戦のきっかけになったのは、泉親衡という武士が企てた義時暗殺計画だった。「泉親衡の乱」という史実はあるものの、当事者も出来事も知名度は低く事実もはっきりしない。今作では、暗殺計画は後鳥羽上皇(尾上松也)による陰謀で、泉親衡の正体は上皇側近の源仲章(生田斗真)だった。番組関係者によると「(脚本の)三谷幸喜さんの解釈」だが、ストーリーとしては分かりやすい。

 合戦ということで、いつも胸がはだけている御家人・八田知家(市原隼人)も鎧姿に。さすがにはだけることなく右へ左へと動き回る。SNSでは「鎧着てるのもセクシー」という声もある一方で「はだけてないから誰だかわからなかった…」「八田殿は脱がないと認識できな(い)」と戸惑うツイートもあった。

 第40回の平均世帯視聴率は11・3%。前週より微減だったものの、ライバル・テレビ朝日系「ポツンと一軒家」が休みだったこともあり時間帯トップだった。民放各局が、家庭向けに明るい番組を目指す枠。陰謀まみれのドラマが善戦するのは数字以上の価値がある。

 最終回の第48回(12月18日放送)まであと8話。ラスボス・後鳥羽上皇との戦いまでカウントダウンは始まっている。宿老の13人も、病没者もあり、文官の2人をのぞけば3人から2人になろうとしている。歴史的に見れば味方同士で削り合っている場合ではないが、武家の頂点へ向けここが正念場となる。

(NHK担当 浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×