多くのファンに愛された森中蕃オーナー いつまでもシゲル馬の夢は続く

スポーツ報知
優しさがにじみ出る人柄だった森中蕃オーナー

 競馬を心から愛し、ファンを何よりも大事にしてきた森中蕃(もりなか・しげる)オーナーが10月17日、天国に旅立った。馬名が並ぶなかで、ひときわ目立つ冠名の「シゲル」。何度も取材をさせていただき、思い出は尽きない。

 役職名、動物の名前など毎年、いろいろな馬名シリーズで注目を集めてきたが、何百頭もの馬名をつけていると、さすがに息詰まってきたという。ある日、「馬名シリーズで、何かいいのが思いついたら教えてください」とアイデアを求められた。

 採用されたら光栄と思って、私は案を送り続けた。中華料理シリーズは「シゲルラーメン、シゲルチャーシューなんて名前では走るはずがない。シゲルギョーザはセンスがなさ過ぎる」と一喝。シゲルカブトムシ、シゲルアゲハチョウなどの昆虫シリーズは「普通で面白くない」。自信作のはずだった花言葉シリーズ。だが、シゲルトワノアイ(キキョウから)、シゲルハジライ(シャクヤクから)、シゲルコイウラナイ(マーガレットから)などについては、無言だった。

 そんな私を見かねたのか、2022年の2歳馬はスポーツ報知の読者からの応募ハガキから採用してもらえた。懐の深さに感謝。「いい名前がいっぱいあったね」と昨秋、うれしそうにハガキの山を見つめていたのを思い出す。10月22日に世代初勝利となったシゲルスナイパー(牡2歳、栗東・谷潔厩舎、父モーリス)。きっと空高くから、これからも森中蕃オーナーはニコニコして応援し続けるだろう。

 ちなみに特に思い出に残る1頭として、いつも話していたのがシゲルスダチ(果物シリーズ)だ。2012年のNHKマイルCでは直線で転倒し、騎手の方へと歩み寄って気遣うようなしぐさを見せたことに、多くの反響があった。10年が過ぎても、「あのときは本当に感動しました。ファンからメッセージも多く届きました」と語っていた。人と馬の心が通じ合ったかのような場面は、森中オーナーの優しさが馬に伝わって生まれたのかもしれない。

 そして、シゲルファンノユメのエピソードも印象的。以前、ファンの方が空港で森中オーナーと一緒になり、あふれるシゲル愛と馬名のアイデアを伝えたところ、オーナーは「いいですね。その名前、つけますよ」。約束通りシゲルファンノユメと名づけた。芝の短距離で2勝を挙げ、奮闘を続けるディーマジェスティ産駒に「いい名前でしょう。夢はいつまでも続く。そう思いますよ」と今年もうれしそうに話していた。

 オーナーは北島三郎さんの歌で「歩」が大好きだった。「歌詞に『歩には歩なりの意地がある いつかと金で大あばれ』。競馬もそうでないといけません」といつも言っていて、雑草のようにたくましいシゲル馬が下馬評を覆して走るのは痛快だった。

 本当にありがとうございます。オーナーが残したシゲル馬、その夢の続きを、これからも見ていきたいと思います。(報知新聞社・内尾 篤嗣)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×