【天皇賞】ジャックドール上がり重点に11秒9 藤岡調教師「いい調教ができました」

藤岡佑介が騎乗し、4コーナーから徐々に加速するジャックドール(カメラ・高橋 由二)
藤岡佑介が騎乗し、4コーナーから徐々に加速するジャックドール(カメラ・高橋 由二)

◆第166回天皇賞(秋)・G1(10月30日、東京・2000メートル)追い切り=10月26日、栗東トレセン

 前走で札幌記念・G2を制しているジャックドール(牡4歳、藤岡健一厩舎、父モーリス)はCWコースを単走馬なり。緩いラップにも折り合いはスムーズで、軽く仕掛けられた直線も当然、抜群の伸びを披露して6ハロン87秒8―11秒9。1週前に6ハロン79秒7―11秒5とかなりの負荷をかけており、輸送もある直前はこれで十分だろう。

 藤岡調教師は「上がり重点でしたが、促してからの動きは良く、いい調教ができました。控える競馬となった前走でも結果を出してくれているので」と、脚質に幅も加えて挑む頂上決戦を楽しみにしていた。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×