【高校野球】慶応が4強入りでセンバツ決定的 清原和博氏が見守る前で次男・勝児が小技と好守で貢献

準決勝進出を決め、来春のセンバツ甲子園出場を確実にした慶応の清原勝児はガッツポーズ(カメラ・泉 貫太)
準決勝進出を決め、来春のセンバツ甲子園出場を確実にした慶応の清原勝児はガッツポーズ(カメラ・泉 貫太)

◆高校野球秋季関東大会 ▽準々決勝 慶応7―3昌平(25日・大宮公園)

 慶応(神奈川)が昌平(埼玉)を下し、4強入りを決めた。関東・東京の来春センバツ高校野球大会(23年3月18~31日)の出場枠は7となっており、慶応の2018年以来のセンバツ出場が決定的になった。

 巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児内野手(1年)は「6番・三塁」でスタメン出場。父・和博氏がスタンドから見守る前で4打数無安打に終わったが、犠打を決めるなど小技と守備でチームに貢献した。

 慶応は1点を追う2回に3本の適時打で3点を奪い逆転に成功。2点リードの3回には無死一、二塁から5番の福井直睦左翼手(2年)が左翼スタンドへ3ランを放ち、突き放した。投げては先発した小宅雅己投手(1年)が粘り強い投球を見せて3失点に抑えた。

 準決勝は29日に専大松戸(千葉)と対戦する。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×