【巨人】岡本和真からドラ1浅野翔吾へ「2年生の時からすごいなと思っていた。高校生で一番いいバッター」

力こぶが描かれたTシャツを着て練習する岡本和真(カメラ・小林 泰斗)
力こぶが描かれたTシャツを着て練習する岡本和真(カメラ・小林 泰斗)

 巨人の岡本和真内野手(26)が22日、新旧高卒ドラ1コンビでの共闘を誓った。G球場で行われた秋季練習に参加した主砲は、ドラフト1位で指名された高松商・浅野翔吾外野手(17)を歓迎。自身とのクリーンアップ形成に夢を膨らませていたことに「ぜひ、僕もそこ(中軸)にいられるように頑張りたい」と宣言。近未来に中軸が形成されるその時まで、チームの中心打者として君臨し続ける。

 夢の扉を開いた後輩に向けて、岡本和は穏やかな表情で思いを言葉に乗せた。チームが阪神との競合の末にドラフト1位で高松商・浅野との交渉権を獲得。高卒野手のドラ1は自身が14年に指名されて以来8年ぶりのことだ。伝統球団ということもあり、自然と周囲からの期待は高まっていくが、先輩として「注目もすごいされていろいろあると思うけど、大丈夫じゃないですかね。気にせずに思い切ってプレーしてほしいです」と優しく背中を押した。

 “岡本愛”にも応えていく。浅野は岡本和の打撃フォームをお手本としており「打撃を教えてもらいたい」と話していた。さらにドラフト会議前のスカウト面談後には「もし そのことを伝え聞いた岡本和は「僕なんか見ない方がいいですよ。僕には聞きに来ない方がいいよと伝えてください(笑い)」と冗談交じりで謙遜しながらも、「僕が言えることであれば伝えたい。ぜひ、僕もそこ(中軸)にいられるように頑張りたいなと思います」と気持ちを新たにした。

 それだけの逸材であると認めている。浅野は今夏の甲子園で1番打者として春夏初の1大会3本塁打をマークして脚光を浴びたが、それ以前から主砲の目には留まっていた。「甲子園を見ていて、2年生の時からすごいなこの子と思って見ていた。高校生の中で一番いいバッターだと思っていたので、順調にドラフトで指名されましたね」。2年夏の甲子園に出場した浅野をスカウト級の眼力で見抜いていたからこそ、自然と言葉も弾んだ。

 今季は中盤以降4番を外れるなど苦しいシーズンを送ったが、5年連続30本塁打をマーク。ドラフト1位で加入後は高卒4年目で伝統球団の4番を託された男は「ここから注目もされて大変なこともあるでしょうけど、一緒に出来るのはすごく楽しみです」。3番・浅野、4番・岡本和―。夢が実現するその時を、多くの人が心待ちにしている。(後藤 亮太)

 ◆1年目(2015年)の岡本和 3月に腰の張り、5月には下半身の故障に見舞われて出遅れたが、6月以降は2軍のレギュラーに定着。8月末に1軍初昇格し、9月5日のDeNA戦(横浜)で、松井秀喜の7打席目を抜く、3打席目での初本塁打。村田修一が右肘関節炎で2軍調整となった9月後半から9試合連続で三塁で先発するなど、17試合で打率2割1分4厘、1本塁打、4打点。10月のフェニックス・リーグでは打率4割4分4厘。台湾ウィンターリーグでは19試合で打率3割8分8厘、3本塁打、20打点で打点王に輝いた。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年