【高校野球】 清原和博氏が見守る前で次男・勝児が豪快な勝ち越し2ラン

スポーツ報知
スタンドから観戦する清原和博氏(左)と、豪快な勝ち越し2ランを放った次男・勝児(カメラ・佐々木 清勝)

◆高校野球秋季関東大会 ▽1回戦 慶応―常磐大高(22日・レジデンシャルスタジアム大宮)

 高校野球秋季関東大会が開幕した。慶応(神奈川2位)と常磐大高(茨城2位)が1回戦で対戦。巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児内野手(1年)は「7番・三塁」でスタメン出場し、父・和博氏がスタンドから見守る前で豪快な勝ち越し2ランを放った。

 同点の4回一死、一塁。カウント2ボールからの3球目を鋭く振り抜くと、打球は左翼席に飛び込んだ。勝ち越し2ランを放った勝児は笑顔でダイヤモンドを一周した。

 和博氏は息子の一発に立ち上がり、ガッツポーズ。球場内も大きな拍手で包まれた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×