【巨人2位】慶大・萩尾匡也、熊本の先輩・村上宗隆に「負けない」目下3冠王 目標は球団初トリプルスリー

巨人から指名を受け応援タオルを手に笑顔の慶大・萩尾匡也(代表撮影)
巨人から指名を受け応援タオルを手に笑顔の慶大・萩尾匡也(代表撮影)

◆2022年 プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD(20日)

 巨人から2位指名を受けた慶大・萩尾匡也外野手(21)がオンラインで会見に臨み、同郷・熊本の1学年先輩であるヤクルト・村上宗隆内野手(22)に負けない活躍を誓った。

 自ら切り出した。高校まで過ごした熊本について聞かれた時だった。「同郷の村上宗隆さんがすごい活躍をされているので、負けないように、熊本に元気を与えられたら」ときっぱり。今季、日本選手最多の56発を放ち、令和初の3冠王を獲得したスターを最高のお手本としていく。

 “村神様”とは、萩尾が文徳時代に対戦経験もある。2年生で4番を務めた17年夏の熊本大会。準決勝で九州学院に8―10で敗れた。相手の「3番・捕手」が村上だった。同じセ・リーグだけに来季、萩尾が1軍でプレーすれば、6年ぶりに対戦する機会も出てくる。

 高校通算46発。右打ちのスラッガーは今春のリーグ戦で5本塁打、17打点で2冠を獲得し、外野手で初のベストナインを受賞。逆方向へもアーチをかける広角打法で今夏は大学日本代表に選出され、秋のリーグ戦でも現在、3冠王。一気に評価を上げ、巨人から2位指名を受けた。

 巨人の印象を聞かれ「日本のプロ野球をつくってきたような、本当に歴史ある、伝統ある球団」と目を輝かせ「同じ右打者の岡本和真さん、坂本勇人さんはすごい参考になる話がたくさんあると思うので、お話ししてみたい」と“弟子入り志願”した。

 打つだけではない。目標は走攻守で高く持っている。セールスポイントは打撃としながらも「トリプルスリーを目標にやっていきたい。打撃もですけど、自分の脚も生かしてやっていきたい」。180センチ、85キロの体を躍動させ、巨人史上初となる偉業達成を目指していく。(岸 慎也)

指名選手一覧

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年