【ドラフト】巨人2位指名は慶大・萩尾匡也外野手 ヤクルト・村上宗隆の元好敵手…今年9本塁打と急成長

スポーツ報知
巨人から指名を受け応援タオルを手に笑顔の慶大・萩尾匡也 (代表撮影)

◆2022年 プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD(20日)

 巨人は、ドラフト2位で慶大・萩尾匡也外野手(21=文徳)を指名した。

 萩尾は、今季急成長した大砲。春に5本塁打を放つと、今秋もすでに4発を放っている。今年は、大学日本代表にも選出された。

 文徳高時代も通算46本塁打。2年生で4番を務めた17年夏の熊本大会は準決勝で九州学院に8―10で敗れた。相手の3番・捕手は1学年上で現ヤクルトの村上宗隆だった。

 1位では阪神との競合を制して、高松商の浅野翔吾外野手との交渉権を獲得。今季は日本人選手で外野の定位置をつかんだのは丸だけとあって、1、2位で強打の外野手を指名した。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年