【ドラフト】巨人が高松商・浅野翔吾の交渉権獲得 抽選11連敗ストップ…高校生外野手の1位は球団史上初

スポーツ報知
浅野翔吾は巨人が交渉権を獲得し原辰徳監督の顔写真を手に胴上げされる(カメラ・岩田 大補)

◆2022年 プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD(20日)

 巨人が、ドラフト1位指名した高松商・浅野翔吾外野手(3年)との交渉権を獲得した。

 阪神と2球団の抽選となったが、原監督が「交渉権確定」の当たりくじを引いた。巨人の抽選は11年に外れ1位で松本(当時香川・英明高)のくじを当ててから外し続けて抽選の連敗が「11」でストップした。

 ラブコールが実った。9月28日のスカウト会議後に12球団最速で指名を公表。米フロリダ州で開催されたU18W杯にも担当の岸スカウトを派遣するなど、密着マークを続けてきた。大塚副代表は「体は小さいですけど、3拍子そろってパンチ力もあるし、右にも打てる。将来のスーパースターになるような素材」と期待。原監督も「ご縁があることを願っています」と、交渉権獲得を心待ちにしていた。

 巨人が最初に指名した選手の交渉権を獲得するのは、単独指名だった15年の桜井(当時立命館大)以来、7年ぶり。巨人の抽選での連敗も12年石川(現ロッテ)、16年田中(現ソフトバンク)、佐々木千(現ロッテ)、17年清宮(現日本ハム)、村上(現ヤクルト)、18年根尾(現中日)、辰己(現楽天)、19年奥川(現ヤクルト)、宮川(現西武)、20年佐藤輝(現阪神)、21年隅田(現西武)とことごとく抽選を外してきた。

 高校通算68発の長打力に加え、50メートル5秒9の俊足、遠投110メートルの強肩と走攻守3拍子そろい、今夏の甲子園で打率7割、3本塁打と大舞台での強さも見せた浅野。高校生外野手の1位指名は球団史上初となった。高校生野手の1位も14年岡本以来8年ぶり。身長170センチは、球団のドラフト1位では最も低い選手となった。将来のチームを担う存在として期待がかかる逸材だ。

 覇権奪回を目指すチームに、新たな戦力が加わる。

 ◆浅野 翔吾(あさの・しょうご)2004年11月24日、香川・高松市生まれ。17歳。屋島小3年から屋島スポーツ少年団で野球を始める。屋島中では軟式野球部。軟式U15日本代表でアジア選手権優勝。高松商では1年夏からレギュラーで高校通算68本塁打。2、3年夏の甲子園に出場し、通算は打率6割4分7厘、4本塁打、8打点。U18W杯では打率3割3分3厘、1本塁打、4打点。170センチ、86キロ。右投両打。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年