【日本ハム】新庄剛志監督 YAZAWAタオルで1位指名公表・日体大の矢沢宏太を一本釣りだ

スポーツ報知
日体大の矢沢宏太

 日本ハム・新庄剛志監督(50)が19日、20日のドラフト会議での1位指名を公表している日体大の二刀流左腕・矢沢宏太投手(22)について一本釣りを懇願した。都内で行われたスカウト会議後に出席。「まずは競合がないことを願って。(くじを引きたい気持ちは)あるけど、ない方がいい」とし、「矢沢永吉さんのタオルを用意しておいて(笑い)。もし競合が現れたら日体大の帽子をかぶっていこうかな」と新庄節をさく裂させた。

 矢沢について、映像を通して「キレがいい。初速と終速があまり変わらない投手」と高評価。入団後の構想も言及し、「限定しない、二刀流とか。外野を守って7回に(マウンドに)来て155キロくらい投げて戻ってみたいな。右でも打っても合うかも。可能性はあるでしょ?」と語った。

 この日は実名こそ避けたが、2投手の指名も要望したという。サプライズ指名を検討しているとみられるメッツ傘下3Aシラキュース・加藤豪将内野手(27)については「いたね。『?』でお願いします」と濁した。「パフォーマンスは期待しないでくださいよ。サプライズは言わない」。監督として初のドラフト会議で、どんな新庄劇場が見られるか。(田中 哲)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×