【オリックス】富島高・日高暖己を指名も…148キロ右腕は“山本由伸2世”ダイヤの原石

スポーツ報知
オリックスが富島・日高の指名を検討

 オリックスが富島高(宮崎)の最速148キロ右腕・日高暖己(18)の指名を検討していることが19日、分かった。184センチの長身から直球を投げ下ろし、山本由伸を参考にしているというテイクバックも特徴的。今夏の甲子園に出場した“由伸2世”をダイヤの原石として評価している。

 球団は即戦力左腕として、白鴎大・曽谷の1位指名を公表済み。この日、都内でドラフト前日会議を行い、福良GMは「思い通りにいかないのがドラフト。そう(理想通りに)なればベストですけどね」とバランスの取れた指名を理想とした。日高は富島のエースとして、聖地では下関国際(山口)との2回戦で9回を162球完投。5失点で敗れたが、フォークなどを交えて9三振を奪った。

 本格的に投手へ転向したのが2年秋で、高い潜在能力と伸びしろにも期待できる存在。同じ宮崎の都城高から16年のドラフト4位で入団したのが山本で、絶対的なエースとして飛躍を続けている。日高には他球団も関心を寄せており、指名順位なども含めて、協議を重ねることになりそうだ。

 ◆日高 暖己(ひだか・あつみ)2004年9月16日、長崎県生まれ。18歳。富島高で投手、遊撃手として1年秋からベンチ入り。2年秋から本格的に投手転向。3年夏に甲子園出場。184センチ、77キロ。右投右打。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×