玉川徹氏、「モーニングショー」で「電通」発言を謝罪 番組出演継続も「慢心とおごりがあった」

スポーツ報知
コメンテーターを務める玉川徹氏(番組公式サイトから)

 安倍晋三元首相の国葬について失言したテレビ朝日の玉川徹氏(59)が19日、コメンテーターを務める同局系情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)に15日ぶりに復帰し、謝罪した。

 この日はオープニングテーマはなし。司会の羽鳥慎一アナウンサーがスタジオで「玉川さんの10日間の謹慎処分が昨日で終わりました。ここで玉川さんから改めて説明、おわび、今後についてです」と伝えた。

 これを受け玉川氏はスタジオではなく別の場所から出演。紺色のスーツに黒ネクタイ姿で「私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通及び菅前総理大臣に対し、改めてお詫び申し上げます。慢心とおごりがあったからだと反省致しました。申し訳ございませんでした」と、深々と頭を下げた。

 今後について「現場に足を運び取材をし、事実確認をして報告するその基本にもう一度立ち返るべきだと考えました。その結果はこの『羽鳥慎一モーニングショー』でお伝えするという考えにいたりました」と番組出演は続ける考えを明かした。

 玉川氏は9月28日の同番組で、国葬で菅義偉前首相が読んだ弔辞が国民に絶賛されていることについて「僕は演出側の人間。テレビのディレクターをやってきましたから。そういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように」と発言。その上で「当然これ、電通が入ってますからね」と指摘した。

 玉川氏は翌29日の番組で「事実ではありませんでした」と謝罪。だが社内外で怒りの声が噴出し、局では玉川氏を10月5日から10日間、出勤停止する謹慎処分に。番組責任者もけん責処分とした。

 玉川氏は同局の社員ながらも、同番組でレギュラーコメンテーターを務める。歯に衣(きぬ)着せぬ発言で注目を集めており、番組は同時間帯では民放トップの視聴率を誇る。

 

芸能

×