【広島】新井貴浩新監督が決断 来季、坂倉将吾は捕手専念「会沢と競争」

スポーツ報知
来季から捕手に専念する広島・坂倉将吾

 広島の新井貴浩新監督が、来季の改革の一つとして坂倉将吾捕手を捕手に専念させる方針を固めたことが16日、分かった。この日までに本人と話し合って通達した。今季チーム唯一の全試合出場も、捕手での出場は6月29日のヤクルト戦(神宮)が最後で18試合にとどまった。今季155安打は、リーグトップの中日・岡林らに6差の4位。強打の捕手として、チーム再建の鍵を握る存在となる。

 坂倉は、かねてから捕手への強いこだわりを抱いていた。15日に新井新監督がサプライズ乱入した新ユニホーム披露会見で対面した際に「お話できる時間があれば」と声を掛けた。新指揮官も、その意図は分かっていた。自身が言葉を向けるまでもなく「来年は捕手一本で」と伝えられた。

 「『アツ(会沢)さんと競争してくれ』という言葉を。『出ない日もあると思うけど、そのときでも代打待機だったりと今は考えている』と言っていただきました」

 今季は三塁で119試合、一塁で8試合に出場した。打率2割8分8厘でキャリアハイ16本塁打をマーク。負担軽減やチーム事情もあってマスクをかぶる機会は少なかったが、退路を断って捕手に専念する。

 「今年で6年目が終わった。いつまでも中途半端な感じでやっているのも…。仮に三塁をやるとしたら捕手をやっている人に失礼だし、(捕手をやるとなると)内野手の人にも申し訳ない気持ちが僕の中ではある。そういう意味では来年はどっちにしろ一本にしようと思っていた」

 坂倉の打力は今のチームに欠かせない。捕手に固定できれば、より攻撃的な布陣が組むことも可能になる。ただ、レギュラー確約でもない。ベテランの会沢を筆頭に、ライバルとの競争に勝ち抜くことが条件だ。

 「絶対的正捕手の会沢さんもいる。そこに僕が挑んでいくというか、競争していくわけなので、それなりの覚悟は必要。ポジション的にもチームのこと(勝敗)が左右されるポジションだと思う」

 この日はマツダでの秋季練習で、キャッチャーミットを手に汗を流した。

 「やっぱり(捕手の)練習自体をできてなかった。監督からも『しっかり守備を』というのを言ってもらった。しっかり重点的に頑張りたい」

 新井新監督の期待に応え、絶対的正捕手の座を目指す。

◇広島捕手の今季成績

※カッコ内は先発マスク

会沢 34歳 98試合(79試合).207 3本 33打点

磯村 29歳 43試合(31試合).237 3本 15打点

坂倉 24歳 143試合(18試合).288 16本 68打点

石原 24歳 9試合(6試合).154 0本 0打点

中村奨 23歳 27試合(5試合).193 0本 5打点

持丸 20歳 5試合(2試合).000 0本 0打点

白浜 36歳 4試合(2試合).000 0本 0打点

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×