【大学野球】 慶大の4番・萩尾匡也が1本塁打5打点の活躍でドラフトへアピール

スポーツ報知
5打点の活躍を見せた慶大・萩尾(右)と今季5勝目を挙げた増居

◆東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第1日▽慶大6―3明大(15日・神宮)

 ドラフト候補に挙がる慶大・萩尾匡也中堅手(4年=文徳)が、今季3本目のホームランなどで5打点を挙げ、チームを勝利に導いた。

 0―1の5回裏2死一、二塁のチャンスで逆転の左越え二塁打を放つと、3―1の6回裏2死一、二塁の打席では、センター左寄りのスタンドへ運んでみせた。「(ホームランは)真っすぐ一本に絞って、センター方向に打ち返すことを考えていました」。萩尾は納得の表情で振り返った。

 勝ち点3で並ぶ両校だが、前週まで無敗だった明大に対し、慶大は2敗。勝ち点を落とせば優勝が不可能となるだけに、先勝したことは大きい。萩尾は「打席で集中できている。まだまだ内容を良くしていきたい」とさらなる活躍を誓っていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×