波崎が部員15人で大健闘の4強入り 15日開幕春季全国大会予選に弾み ゼット杯第34回東日本選抜大会

スポーツ報知
波崎の投打の柱・仲本は準決勝の3回に右中間を割る同点二塁打

◆ゼット杯第34回東日本選抜大会◇中学生の部▽1回戦 波崎ボーイズ4―1平塚ボーイズ▽2回戦 波崎ボーイズ7―5白井中央ボーイズ▽準々決勝 波崎5―0藤岡ボーイズ▽準決勝 松戸中央ボーイズ4―2波崎ボーイズ(10月8~10日、福島・ヨーク開成山スタジアムほか)

 秋の東日本王者を決める連盟主催大会で部員15人の波崎ボーイズ(茨城)が大健闘の4強入り。投手が踏ん張り、準々決勝では仲本、深野で藤岡ボーイズ(群馬)を完封した。

 130キロを超える直球とキレ味抜群のスライダーを武器に持ち「腕がしっかり振れるようになった」と成長を自認するエース・仲本。準決勝は投球数制限規定で投げられなかったが、3番・遊撃で出場。1点を追う3回に中前打の島田を一塁に置き、右中間へ同点二塁打を放つ活躍を見せた。

 先発・深野と根本が踏ん張れず松戸中央ボーイズ(千葉)に敗れたが、失点してもその後のピンチで粘って試合をつくった。「守備が課題。一球一球を大事に、1点を守り切るチームにしたい」と金井主将。夏に続く出場を目指す春季全国大会の予選は15日に開幕する。

◇波崎ボーイズ ▽2年生 金井渉 鈴木蓮 仲本寛 高瀬啓陸 平野虎太郎 根本智希 島田健志朗 石津元希 ▽1年生 高木瑛太 深野巧将 関根一真 伊藤清心 木内八真斗 山本快 崎山颯久

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×