橋本環奈、紅白司会起用 狙いは若年層取り込めるか テレビ離れの救世主に…記者の目

NHK紅白歌合戦で司会を務める橋本環奈
NHK紅白歌合戦で司会を務める橋本環奈

 NHKは10日、大みそかの「第73回NHK紅白歌合戦」(後7時20分)の司会を俳優の大泉洋(49)、女優の橋本環奈(23)、同局の桑子真帆アナウンサー(35)と、スペシャルナビゲーターとして嵐の櫻井翔(40)が務めることを発表した。大泉は3回連続3回目で、橋本は初挑戦。櫻井は個人で3回目となる。テーマは世相を反映し「LOVE&PEACE―みんなでシェア!―」に決まった。

 今回のサプライズは司会初となる橋本環奈だ。NHKの狙いは若者層の取り込みだ。

 世帯視聴率では高い数値だった人気番組「ガッテン!」を終了させるなど、近年のNHKは若い世代のテレビ離れに危機感を持っている。紅白の杉山実施本部長が「今、最も注目されている若手俳優のお一人」と橋本の起用理由を明言。ツイッターのフォロワー数で女優ナンバーワンの426万人(日本人最高は前澤友作氏の1064万人)を誇る橋本は魅力的なアイコンだ。

 強みは、明るいキャラクターから繰り出されるキレのある返し。秒単位での時間管理が求められる紅白では、橋本の頭の回転は絶対的な武器だ。ただ、本人も漏らすように初司会への不安はある。そこは大泉、櫻井、桑子アナら経験豊富なベテランでカバーする。「少々危なっかしい方が見ていて面白い」(音楽関係者)という狙いもありそうだ。

 これまで女性の司会者は朝ドラや大河ドラマのヒロインらが務めてきた。橋本は現在いずれにも出演予定はない。ただ、朝ドラや大河で未発表の主要キャストはまだある。そちらの方も注目したい。(NHK担当・浦本 将樹)

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×