【大学野球】法大・篠木健太郎が5連敗中のチーム救う力投 慶大と1勝1敗で第3戦へ

仲良くハートを作る法大バッテリーの篠木健太郎(左)と村上喬一朗(カメラ・内藤 菜月)
仲良くハートを作る法大バッテリーの篠木健太郎(左)と村上喬一朗(カメラ・内藤 菜月)

◆東京六大学野球秋季リーグ戦第5週第2日▽法大3―2慶大(9日・神宮)

 法大は慶大との接戦を3―2で制し、今季2勝目を挙げた。両校はこれで1勝1敗とし、第3戦へ臨む。

 先発した篠木健太郎投手(2年=木更津総合)が7回0/3を5安打2失点と力投し、今季2勝目を挙げた。チームは5連敗と苦しんでおり「どこかで扉を開ける人がいるのはわかっていた。自分がそういう存在になりたい」とマウンドに上がった。直球とスライダーを中心にフォークを交えながら、慶大打線を封じ込み「イメージ通りの投球ができた」と笑顔を見せた。左足の使い方などフォームに微修正も加えたのが効果的だった。

 攻撃陣は5回1死から6番の村上喬一朗捕手(4年=東福岡)が四球で出塁すると、なお、1死一塁から7番の山根滉太一塁手(3年=小松大谷)が適時二塁打を放ち先制。チャンスを作った村上は、2打数1安打2四球で攻守共にチームをけん引した。プロ志望届は提出済み。加藤重雄監督は「元気よく明るくチームを引っ張る。要の役割を一生懸命果たそうとしてくれる」と評し、チームメイトから慕われる存在だと話した。

 春のリーグ戦からバッテリーを組む篠木と村上。2人の活躍が、勝利の鍵を握る。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×