鹿島・岩政大樹監督が来季続投へ 公式戦9試合で2勝4分け3敗も伸びしろを総合的に評価

スポーツ報知
鹿島・岩政大樹監督

 鹿島が岩政大樹監督(40)を来季続投させる方向で調整に入ったことが7日、分かった。同監督は今年8月、契約解除されたレネ・バイラー前監督の後を受け、コーチから昇格。公式戦9試合で2勝4分け3敗と結果につながっていないものの、同監督が目指す「攻守で試合を掌握するサッカー」の可能性、指示に対する選手の取り組みなど、伸びしろを総合的に評価したとみられる。

 強化責任者を務める吉岡宗重フットボールダイレクターは結果、内容を精査することを前提に、岩政監督を長期的に支えていく考えを示している。実際に勝ち切れない試合が続いているが、監督交代からサッカー面で改善が見られた。

 今季も無冠が決まり、クラブワーストを更新する6季連続国内タイトルなしとなった鹿島。岩政体制で復権を目指す。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×