髙橋尚成氏がYouTubeで「村上宗隆封じ」を徹底解説「ハッタリですけど…駆け引きも重要」

スポーツ報知
髙橋尚成氏

 元巨人投手の野球評論家・髙橋尚成氏がこのほど、自身のYouTubeチャンネル「髙橋尚成のHISAちゃん」を更新。「『ヤクルト・村上宗隆』抑える方法を元メジャーリーガーが徹底解説!!」と題して、3冠王に輝いた強打者の攻略法を説いた。

 「穴がない。左右両方にホームランが打てるんですよね。『打ち損じてくれ~』って僕だったら投げますよね」と尚成氏。「どっしり感がすごい。松井(秀喜)さんがいるな、という感じ。末恐ろしいバッターという感じですね」と称賛し、ゴジラとの共通項について「めちゃくちゃありますね。オーラが違う。野球選手としての重み、深みが凄くある選手ですね」と私見を述べた。

 気になる攻略法については「いいバッターはインコースから崩していくしかない。それを詰まってヒットにされたらしょうがない。投げミスでホームランにされることは、絶対にやっちゃいけない。特に短期決戦は」と強調した尚成氏。

 「そう考えたら、インコースをどんどん使っていくしかないんじゃないかな。怖がらずに早めに見せていけば、インコースがすごく効いてきたりする。外一辺倒では抑えきれないのかなと思います」と話した。

 「マウンドに立って、顔を見て、『インコース行くぞ!』と見せかけるのも重要かもしれませんよね。ハッタリですけど。それでも外に投げちゃうよと…駆け引きも重要じゃないかと」と尚成氏。動画では9分割ボードを用いての詳細な攻略法を解説している。技巧派サウスポーの「村上封じ」をぜひ堪能したい。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請