【阪神】ドラ1・森木大智がファーム選手権に向け登板 平田2軍監督「落ち着いて投げられてた。楽しみ!」

スポーツ報知
練習を見る阪神・平田勝男2軍監督(カメラ・谷口 健二)

◆練習試合 阪神2軍7―5日本海オセアンリーグ選抜(5日・鳴尾浜)

 阪神は、8日開幕のDeNAとのCS第1ステージ(横浜)を控えた1軍の主力も出場し、藤浪は調整登板として3番手で7回に登板。1回2失点だった。森木は8日のファーム選手権(宮崎)に向け、9回に登板。平田2軍監督は「楽しみだな!」と“守護神”としての起用も視野に入れた。以下は平田2軍監督の一問一答。

―藤浪が中継ぎで1イニング登板

「悪くないんじゃない? 変化球をうまく打たれてたけど、調整登板なんで。向こうは藤浪打てる!って。相手も、もう喜んじゃう。ヒット打たれたことは大したことない。変化球はちょっと高めに浮いてたかな。悪くないよ」

―森木が抑えとして9回に登板

「見たら、前のソフトバンク戦と違って、落ち着いて投げれてた。まぁ、楽しみだな!」

―ファーム選手権でも

「先発は桐敷なので。桐敷が何回まで投げれるか、小川一平も岩田もいるし。去年は急に岩田って言ってたから。今年は、きょうの森木を見てもいい経験をしてほしいというのもあるし、どうするのかはピッチングコーチに任せる」

―1軍選手がしっかり活躍

「原口もさすが。陽川さんももう、YOUKAWASAN!って言わないとだめだよ。もう貫禄がついちゃったもん。島田もいいし、栄枝も初ヒットを打って。やっぱり1軍で結果出したから、ファームに来てもちょっと一味違うというのを見せてくれる。いや二味違うな。原口なんか、今は本来の原口のバッティングを取り戻してるよ」

―8日からはCS、2軍はファーム日本選手権

「非常に上のCSで2軍は選手権と緊張感のあるゲームをこの時期にまでまだやれるのは選手たちの頑張りだよ。せっかくやるなら、勝たなあかん。しっかりと勝つ、勝つというところを最後まで意識させてどう発揮していくかが楽しみやな」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×